商品情報 > 通信品質|レガシー > eModem 製品ファミリー

eModem

製品ファミリー

eModem V.33

eModem V.32bis

eModem V.29Fast

eModem V.26bis

専用回線のパフォーマンスの最適化と

レスポンス・タイムの短縮化を実現したアナログ専用線モデム。

 

〔注)本製品の最少受注台数は、100台となっております。

   100台未満の場合は同仕様の別製品の提供になります。

   詳しくは弊社にお問い合せください。

 

eModem V.33

eModem V.32bis

eModem V.29Fast

eModem V.26bis

最大14,400bpsまでの4線式全2重/半2重アナログ専用線モデム。

専用回線のパフォーマンスの最適化とレスポンス・タイムの短縮化を実現。

 

アナログ専用線モデム eModem V.33 は、NSP 、ISP 、大手金融機関、大手企業の専用回線ネットワークのニーズを満たすように設計されています。eModemシリーズは、日本ダイレックス独自の通信技術によって、最新のハードウェア・ロジックを採用した最高14.4Kbps までのデータ伝送用のアナログ専用線帯域品目3.4kHz および3.4kHz(s) に適用する専用線モデムです。

IP 通信技術の普及によって、在来通信の重要性が通信品質の観点から見直されている現状を踏まえ、ネットワーク・パフォーマンスの最適化とレスボンスタイムの短縮を実現しています。

在来のTDM との相互接続はもとより、マルチポート・モデル(MP4)においてはTDM 機能とMSU (直流分岐)機能が内蔵されますので、リモート・ターミナル・コントローラ等との相互接続に使用され、様々な完全時間保証型データ通信用のネットワーク構築に最適です。

 

■eModem V.33の主な特長

 

1. 最大14,400までの4線式全二重/アナログ専用線モデム

2. シングルポート・モデルとマルチポート・モデル

3. 標準ITU-T V.33(128point QAM Trellis Coded Modulation)変調方式を採用

4. 3.4kHz帯域線をプライマリー帯域とセカンダリー帯域に分割し、

 1本の3.4kHz帯域線でQAM変調方式の全二重14.4Kbpsのユーザー通信チャネルと

 FSK変調方式の全二重/半二重75bpsの制御用通信チャネルを提供

5. 複雑な設定作業をなくした事前設定されたポリシー設定

6. 集合モデムと単体モデム

7. nTNM統合監視装置との完全な接続性による遠隔統合監視制御機能を提供(オプション)

8. ISDN網による回線バックアップと自動復旧機能(オプション)

9. モデム回路とISDNバックアップ回路の完全分離回路構成により回線バックアップのみならず

 モデム本体のバックアップまでも行える完全バックアップ構造

 

 

 eModem V.33 カタログ・仕様 (PDF 738KB)

ITU-T V.32bisに準拠した最大14,400bpsまでの 2/4線式全2重/半2重アナログ専用線モデム。

専用回線のパフォーマンスの最適化とレスポンス・タイムの短縮化を実現。

 

eModem V.32bisは、NSP 、ISP 、大手金融機関、大手企業の専用回線ネットワークのニーズを満たすように設計されています。eModemシリーズは、日本ダイレックス独自の通信技術によって、最新のハードウェアロジックを採用した最高14.4Kbps までのデータ伝送用の2線式アナログ専用線帯域品目3.4kHzに適用する専用線モデムです。IP 通信技術の普及によって、在来通信の重要性が通信品質の観点から見直されている現状を踏まえ、ネットワーク・パフォーマンスの最適化とレスボンスタイムの短縮を実現しています。

在来のTDM との相互接続はもとより、マルチポート・モデル(MP4)においてはTDM 機能とMSU (直流分岐)機能が内蔵されますので、リモート・ターミナル・コントローラ等との相互接続に使用され、様々な完全時間保証型データ通信用のネットワーク構築に最適です。

 

■eModem V.32bisの主な特長

 

1. 最大14,400bpsまでの2/4線式全二重/半二重アナログ専用線モデム

2. シングルポート・モデルとマルチポート・モデル

3. 標準ITU-T V.32bis変調方式を採用

4. 2線式3.4kHz帯域線をプライマリー帯域とセカンダリー帯域に分割し、1本の2線式3.4kHz帯域線でQAM変調方式の全二重14.4Kbpsのユーザー通信チャネルとFSK変調方式の半二重75bpsの制御用通信チャネルを提供

5. 複雑な設定作業をなくした事前設定されたポリシー設定

6. 集合モデムと単体モデム

7. nTNM統合監視装置との完全な接続性による遠隔統合監視制御機能を提供(オプション)

8. ISDN網による回線バックアップと自動復旧機能(オプション)

9. モデム回路とISDNバックアップ回路の完全分離回路構成により回線バックアップのみならずモデム本体のバックアップまでも行える完全バックアップ構造

10. DSP技術を使ったソフトウェア・ダウンローディング機能により、他の変調方式のモデムへの容易なアップグレードが可能(オプション)

 

 

 eModem V.32bis カタログ・仕様 (PDF 773KB)

最大9,600bpsまでの4線式全2重/半2重アナログ専用線モデム。

専用回線のパフォーマンスの最適化とレスポンス・タイムの短縮化を実現。

 

アナログ専用線モデム eModem V..29 Fast は、NSP 、ISP 、大手金融機関、大手企業の専用回線ネットワークのニーズを満たすように設計されています。eModemシリーズは、日本ダイレックス独自の通信技術によって、最新のハードウェア・ロジックを採用した最高9.6Kbps までのデータ伝送用のアナログ専用線帯域品目3.4kHz および3.4kHz(s) に適用する専用線モデムです。

IP 通信技術の普及によって、在来通信の重要性が通信品質の観点から見直されている現状を踏まえ、ネットワーク・パフォーマンスの最適化とレスボンスタイムの短縮を実現しています。

在来のTDM との相互接続はもとより、マルチポート・モデル(MP4)においてはTDM 機能とMSU (直流分岐)機能が内蔵されますので、リモート・ターミナル・コントローラ等との相互接続に使用され、様々な完全時間保証型データ通信用のネットワーク構築に最適です。

 

■eModem V.29の主な特長

 

1. 最大9,600までの4線式全二重/アナログ専用線モデム

2. シングルポート・モデルとマルチポート・モデル

3. 標準ITU-T V.29変調方式を採用

4. 3.4kHz帯域線をプライマリー帯域とセカンダリー帯域に分割し、1本の3.4kHz帯域線でDPSK変調方式の全二重9.6Kbpsのユーザー通信チャネルとFSK変調方式の全二重/半二重75bpsの制御用通信チャネルを提供

5. 複雑な設定作業をなくした事前設定されたポリシー設定

6. 集合モデムと単体モデム

7. nTNM統合監視装置との完全な接続性による遠隔統合監視制御機能を提供(オプション)

8. ISDN網による回線バックアップと自動復旧機能(オプション)

9. モデム回路とISDNバックアップ回路の完全分離回路構成により回線バックアップのみならずモデム本体のバックアップまでも行える完全バックアップ構造

10. ソフトウェア・ダウンローディング機能によりITU-TV.33(14.4Kbps)へのモデムの用意なアップグレードが可能(オプション)

 

 

 eModem V.29Fast カタログ・仕様 (PDF 821KB)

ITU-T V.26bisに準拠した2,400bps2線式半2重の加入電話回線用モデム。

V.26bisモデムと加入電話回線を通信基盤とした安心のサービスを継続いただけます。

 

V.26bisモデムは今やほとんどのメーカーが生産を打ち切っています。しかしながら、ファームバンキングなどのようなV.26モデムと加入電話回線を通信基盤として構築されたサービスはまだまだ続いています。eModem V.26bisは、このニーズを継続して満たすように、日本ダイレックスの蓄積されたモデム通信技術によって、最新のハードウェアを採用して設計されています。

 

■eModem V.26bisの主な特長

 

1. ITU-T V.26bisに準拠した2400bps2線式半二重の加入電話回線用モデム

2. AA対応のNCUを内蔵し、ITU-T V.26bisに準拠したBSCフォーマットとHDLCフォーマットコマンドによる自動発着信ができます

3. DTEインタフェースの各種信号の状態を確認できるLED表示付きです

4. 自己試験機能を装備しており、迅速な障害の切り分けが可能です

5. アクセスポイントの構築に設置スペースをセーブできる19インチラック搭載型の集合タイプも揃えております

6. リモートメンテナンス機能を搭載し、遠隔地からの自己試験の起動と結果の採取ならびに設定内容の確認と変更が可能です

7. nTNM統合監視装置との完全な接続性による遠隔統合監視制御機能を提供(オプション)

 

 

 eModem V.26bis カタログ・仕様 (PDF 459KB)