商品情報 > 通信品質|計測分析・管理 > Observer

Observer

プロトコルアナライザ/

ネットワークモニタシステム

500以上のプロトコル解析と

完全なネットワークモニタ・解析を提供します。

ラインアップ

Observer Standard

Observer Expert

Observer Suite

Observerは、ネットワーク上のパケットをモニタし様々な統計をグラフィカルに提供することでネットワークの諸問題を解析するツールです。Observerは、有線LANはもちろん802.11a/b/g無線LANにも対応しています。

MAC、IPアドレス、VLAN、WLAN、アプリケーションの5つの視点で統計情報を表示し、ネットワークの長期的な利用状況を把握できます。500以上のプロトコル解析のほか、VLAN,MPLS,netFlow,sFlow, RMON,SNMPなどの様々な角度から統計を取り、完全なネットワークモニタと解析を提供します。

 

▼Observerは、レベル別に次の3種類の製品が用意されています。

Observer Standard

Observer Expert

Observer Suite

●Observer Standardは、Observerシリーズのベースとなる

 製品です。

●500以上のプロトコルをデコードし、また数多くのサブプロト

 コルにも対応。

●長期間のデータを収集して分析とリポートが可能。

 インターネットトラフィックの監視、分析も可能。

●10GbEの解析にも対応可能なns(ナノ秒)オーダーの分解能。

●30を超えるリアルタイム統計情報をグラフィカルに表示。

●無線LANに対応しシームレスなチャンネルスキャンとモニタ

 を提供。

●SSLとSSHの復号化に対応。

モニター画面

Observer Standardの代表的な機能

  • 1. ネットワークトレンディング機能

    ネットワークの使用状況を長期的に自動保存でき、ネットワークの傾向を分析することが出来ます。1日毎、時間毎に再分割し表示できます。

    ネットワークトレンディング、インターネットトレンディング、VLANトレンディング、ワイヤレストレンディング、アプリケーション分析トレンディングがあります。

  • 2..Wirelessサポート機能

    802.11a/b/gに対応。アクセスポイントはもちろんステーションごとのワイヤレスタイプやエラーパケットの発生状況も表示。有線LANと同様にパケット解析できます。

    また、通信の品質や通信速度もモニタし、WEPによる暗号化の復号にも対応しております。

  • 3. 強力なフィルター機能

    フィルター条件を視覚的に表示。パケットのフィルタリングをアドレス、アドレスレンジ、プロトコルオフセットやプリセットから設定できます。プロトコル分布リストからワンクリックでプロトコルによるフィルターの設定も可能です。他のObserver利用者とフィルタ設定を共有することも可能です。

  • 4. VLAN解析機能

    個々のVLANデータや、統合したVLANデータをリアルタイムに表示し、統計情報を表示します。また、ステーションごと、またはVLANごとの負荷状況も表示します。

  • 5. レポート機能

    パケットデータをテキスト形式で出力できます。

  • 6. トリガー&アラーム機能

    ネットワークを監視し、ネットワーク状態に変化が生じた際に、ポップアップ表示やe-Mail送信、SNMP等で通知します。

    追加のProbeを使用することでリモートのネットワークを監視し、リモートからのアラーム通知が可能になります。

  • 7. エラー解析機能

    ネットワークのエラーをステーション毎に表示します。ワイヤレスネットワークエラー、FDDIエラー、トークンリングエラーを表示できます。

    また、ネットワーク上で発生しているエラーパケットの数を統計表示や、ネットワーク負荷率、CRCエラー数、スモールパケット、ジャンボパケットの数も表示します。

  • 8. トラフィックジェネレータ

    ネットワークのパフォーマンスをテストする為にパケットを生成し送信することが出来ます。

    IPv6に対応。IPアドレス、MACアドレス、パケットサイズ、送信期間やパケット数等を設定することができます。キャプチャしたパケットを再生することもできます。

    (Replay PacketBuffer機能)

●Observer Standardの全機能+多くの便利な機能を追加。

●750以上のエキスパートメッセージでネットワークの問題解決

 をアシスト。

●TCPセッションの再構築が可能。

●最大4GBまでの拡張メモリーに対応し大容量バッファを確保。

(業界最大)

●複数のセグメントを通る通信をセグメントごとにグラフィカル

 に表示。

●NetFlow/sFlowによる統計に対応。

●MPLSの解析が可能。

●VoIPエキスパート機能により、R値とMOS値による品質解析に

 対応。

●キャプチャした音声とビデオデータの再生機能。

モニター画面

Observer Standardの全機能に加え

  • 1. 大容量メモリー対応(業界最大)

    最大4GBまでの拡張メモリーをObserverに割り当てることができ、取りこぼしのないキャプチャー環境を提供します。64bit Windowsの使用時は、最大124GBまでの拡張メモリーに対応します。

  • 2. VoIP解析機能

    VoIPのコネクションをモニタしパフォーマンスを改善するための診断を行えます。

    LAN,WAN,ギガビット、WLAN上のRTP/RTCPをモニタし、個々のステーションやストリームごとの接続時間、MOS値やR値、QoS、パケットロス、ジッタ、最大ジッタ、バースト損失率、バースト損失密度、ギャップ密度、コーデックの種類、コール数を表示します。

    VoIP RTP/RTCPグラフ機能では、RTP/RTCPを解析しジッタとネットワーク使用率をグラフ表示します。

  • 3. アプリケーション解析機能

    アプリケーション層のデータを解析することにより、サーバを検出し、サーバごとのエラーパケット数や通信バイト数等の統計を表示します。また、指定したサーバごとの応答時間のグラフ統計情報を表示します。

  • 4. データストリームの再構築機能

    キャプチャーしたTCPデータを再構築し、WebページやE-Mail、VoIP、インスタントメッセンジャーの内容を復元し表示します。

    ネットワークポリシーの違反や問題の調査、権限の無い活動などを確認できます。

  • 5. 音声、ビデオデータの再生機能

    RTPによる音声会話やストリーミングビデオのデータを保存、再生することができます。

  • 6. NetFlow/sFlow解析機能

    NetFlow/sFlowによる統計に対応。

  • 7. マルチホップ解析機能

    複数のセグメントを通る任意のパケットの各セグメントにおける遅延を解析します。

    セグメント毎にProbe、もしくはObserverを設置し、各々でキャプチャされた結果を基に算出します。ボトルネック箇所の解析に有効です。

  • 8. コネクションダイナミックス機能

    セッションの通信手順をグラフィカルに時系列表示します。再送パケット、ロストやエラーを赤色で表示するので容易に識別が可能です。表示中のパケットをダブルクリックすると、そのパケットのプロトコル解析画面が表示され、パケットの詳細を解析出来ます。

  • 9. ワイヤレス機能

    ワイヤレス通信、不正アクセスポイント、ロギングエラー等を追跡し表示します。

  • 10. "What If"解析機能

    キャプチャしたデータを利用し、パケットや環境のパラメータが異なった場合の影響をシミュレートすることができます。

    パケットサイズ、応答遅延、ネットワーク使用率、ユーザ数等を仮定することができ、ネットワークスピード、応答時間、パケット数、ネットワーク使用率等の予測の結果をグラフ上で表示します。

  • 11. 分析レポート作成

    分析結果のレポートをMS Wordへ出力し保存します。

  • 12. サーバ解析機能

    指定したサーバの同時アクセス数毎の応答時間を計測しグラフ表示します。

●Observer Suiteは、Observer StandardとObserver Expert

 の全機能に加え、SNMPとRMONデバイスマネジメントにフル

 対応し、Webベースのレポート機能を実装しています。

●SNMPマネジメントコンソールでネットワーク機器の最適化が

 図れます。

●RMON1、RMON2 および HCRMON収集コンソールを用いて、

 LAN/WANのモニタが一元化できます。

●Webレポート機能を用いて、全てのWebブラウザで統計値を

 閲覧できます。

モニター画面

Observer StandardとObserver Expertの全機能に加え

  • 1. SNMP機器管理機能

    ネットワーク内の複数のSNMP対応機器を効率よく一元管理することができます。

  • 2. RMON対応

    マルチセグメントを構成するLANのトラフィック管理とパケットレベルデータ収集の業界標準であるRMON(RMON1とRMON2)に完全準拠。緊急な問題を警告するアラーム設定ができ、ネットワーク管理をサポートします。

    High Capacity RMON(HCRMON)にも対応しております。

  • 3. XML/SOAP対応

    XML/SOAP(Simple Object Access Protocol)に対応。接続エラー、キャパシティーやアプリケーションへのネットワークデータの履歴を入手します

  • 4. スイッチステーション ロケーター

    SNMPを使い、スイッチのポートごとのアドレスや名前を表示します。

  • 5. Webレポート機能

    Webベースのレポートを作成し、社内や社外を問わずWebブラウザ上で情報を共有することが出来ます。アクセス権を設定し、Observerをインストールしていない外部の管理会社や社内従業員用のイントラネット等からレポートを閲覧することが出来ます。

  • 6. 自動レポート配信機能

    スケジュールを設定して自動的にWebレポートを更新したり、E-Mailを使いレポートを指定E-mailアドレスへ送信します。

    時間、日にち、週、月毎に設定することが出来ます。

*"NETWORK INSTRUMENTS""Observer"は、NETWORK INSTRUMENTS社の商標です。その他の商品名および社名は、各社の商標および登録商標です。