商品情報 > 通信品質|計測分析・管理 > XX-32G

XX-32G

モニタトラフィック・

コントロール・スイッチ

10GbE/1GbE 混在環境での

モニタリング・トラフィックをコントロール

XX-32Gは、装備するポート間の接続・切断を 遠隔より任意に行うことができる 物理層レベルのポート・マトリクス・スイッチ です。ベースシステムは、10GbE 2ポートと1GbE 4ポート(拡張可能)を実装しており、それらポート間をユーザの設定に応じ、1対N(Any to Many )、N対1(Many to Any)または、N対N(Many to Many)で接続する事が可能です。各ポートは、L2/L3スイッチからのミラーポート(SPAN)接続、ネットワークタップからのSimplex接続、ならびにEthernet 機器の Full/Ha lf Duplex接続に対応しており、多様なパラメータを適用できるフィルタリング機能との併用により、通過するトラフィックの分散転送、所望なデータへの絞込み等が可能です。 また、オプションモジュールの追加により 1GEのポートは、12ポートまで拡張することができるので、

 

・複数の1GbEトラフィックを10GbEにまとめて出力する マルチポイント・アグリゲーション

・10GbEのトラフィックを複数の1GbEへ分配する マルチツール・ディストリビューション

 

といった高度なモニタリング・トポロジー構築も可能です。

 

〈XX-32Gの特長〉

 

●装備するポート間の任意の接続/切断が、遠隔より可能

●0GbE スイッチ 2ポート装備(別途 SFP+ トランシーバが必要)

●1GbE スイッチ 4ポート装備(別途 SFP トランシーバが必要)

●1GbE to 10GbE / 10GbE to 1GbEの接続が可能。

●以下のオプションモジュールにより、1GbE ポートの増設が可能

 ・SFP SPAN 8ポートモジュール(別途SFP トランシーバが必要)

 ・RJ-45 SPAN 8ポートモジュール(10/100/1000BASE-T)

 ・RJ-45 インライン 4chモジュール(10/100/1000BASE-T)

●複数リンクのデータを統合し、単一のインターフェースに出力可能

●同一データを複数のポートより出力可能

●レイヤ2~4パラメータでの強力なフィルタリング機能

●各種操作が容易な、ブラウザベースのGUI